• 東京都市大学
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 都市大グループ
入試情報

受験生の方へ

東京都市大学工学部建築学科で建築学を学びたい高校生諸君へ

本学の建築学科へ入学を希望している高校生諸君へ、以下の4点についてアドバイスをしたいと思う。人生の貴重な「時間」を費やして、本学で何が得られるのか分からなければ、入学試験の準備をする気持ちにも身が入らないと思うからである。

大学入学への準備

入試を受けて入学しようと思う諸君は、数学、物理(化学)、英語の3教科をしっかり勉強しておけば、前期入学試験を突破することはそれほど難しいことではない。逆に、高校時代に数学、物理(化学)、英語、の3教科の勉強を怠っている場合は、たとえ入学したとしても、入学後の学修が困難となるので、高校時代の勉強は重要である。

大学での学修

大学における学修は高校時代とは大きく異なる。もちろん、建築を作るためには、経験と知識が必要であることは当然であるが、実務を通じてしか建築を学べないというわけではない。むしろ、実社会で建築生産という仕事に携わりながら、経験と知識を獲得することが楽しくなるように、それを目標に本学の建築教育は行われている。

卒業後の進路

建築という分野は人間生活の基本的活動である「住」に直結している。従って、どのような社会環境にあろうとも、建築活動が日本の経済活動から消滅することはない。従って、就職についての心配を今からしても無意味と言う他はない。本学での教育は、画一的な知識の伝授を目的としているわけではなく、様々に変化する社会情勢にあっても、しなやかに変化していける人格の形成を目標としている。卒業生には、そうした本学の伝統を継承した人材が数多く活躍しており、諸君が社会に巣立とうとする際にも、大きな助けとなってくれるはずです。

職業としての建築

職業として建築を修めるには、長期間の訓練を必要とします。大学4年間あるいは大学院の高度専門教育も含めても6年間では、到底、広大な建築のほんの小さな分野の限られたことしか、諸君に教えることはできない。従って、諸君は就職した後も、常に勉強し続けなければならないのである。建築家を育てることだけが、本学の教育目標ではない。多くの卒業生が建築設計以外の分野に進むことになる。ある者は、現場の責任者として安全管理の総責任者になるであろう。設備設計あるいは構造設計の責任者として、その任に当たる者もいる。職業としての建築は、建築デザイのみに限らないことを知っておくことは、その後の人生設計において、様々な可能性が広がっていくことを意味している。本学の建築学科で学ぶ諸君には、他人と異なる自分の可能性を見出して欲しいと思っている。