• 東京都市大学
  • 交通アクセス
  • お問い合わせ
  • 都市大グループ
研究室

小見研究室

研究室紹介

omi

研究内容

「建築ストックの諸問題をどうするか」-研究室で取り組んでいる内容を一言で言えばこうなります。古い建物を出来るだけ長く使い続けることは、限りある資源やエネルギーの観点から、また文化や地域のアイデンティティの観点から考えても重要です。しかしそのためには様々な問題を解決しなければなりません。それらを主に建築構法や建築生産的な視点から研究しようとしています。
例えば「都市部の古いビルでは、外壁の老朽化・劣化が進行しているが、それらの実態はどうなっているのか」「図面の残っていない古い建物の形状や寸法を正確に把握するのに有効な方法は何か」「かつて大量供給された住宅はどのような履歴で変化しているか」などのテーマに対して、「実態を調査し」「分析により問題点を抽出し」「改善方法を考察・提案する」といった姿勢で取り組んでいます。

社会との接点

「今の社会において建築が抱える問題」こそが当研究室のテーマであり、そのような問題意識を日頃から意識することが重要です。

研究室の横顔

学部や大学院での研究期間中、研究のもつ楽しさや広がりが実感できるよう、他大学の同じ研究分野の複数の研究室と、合同研究会や合同合宿を行っており、そのような場での発表や議論(やその後の交流)を大切に活動しています。

卒業研究紹介

2009年度 2010年度 2011年度 2012年度 2013年度 2014年度 2015年度